INTERVIEW

SAGA

社員紹介 今の仕事は一日でも早く仕事を憶えて一人前になることだと思って頑張っています。

T.SAGA

営業課 係長2013年新卒入社

どんな学生生活でしたか?

勉強熱心な学生ではありませんでした。経済学部でしたが文学部に入れば良かったと後悔し、大学生活後半では文学部の講義に潜り込んだりしていました。 学業以外ではサークル活動とアルバイト、あとは遊んでばかりといった感じのフツーの大学生でした。サークルは「アウトドアなら何でもやる。」という趣旨のサークルで洞窟に潜ったり、山に登ったり、ゴムボートで川下りをしたり、水と小麦粉と調味料だけ持って数日間無人島に滞在したりと幅広くやっていました。一度海外遠征でインドネシアの活火山に登りに行ったことがあり、生まれて初めて異国を経験できたのもいい思い出です。

所属部署と貴方の役割は?

営業部・営業課所属です。HPや電話からお問い合わせいただいたお客様への見積、提案、仕様や納期の打ち 合わせなどが主な業務になります。もちろん、お客様のところへ訪問したり来社いただいたりして顔を合わせての打ち合わせもあります。 お客様の希望する仕様と価格のバランスを見ながら、提案や見積を行います。 「こんなことができるようにしたいんだけど」や「こんなのがほしいんだけど」を形にしていく仕事です。

仕事をする中で工夫していることは?

メモや記録を残す時は「次に自分がそれを見る時には全てを忘れている」と思って残す。 中途半端にメモを残していると、結局書いていない部分を忘れたり書いてあることの意味が分からなくなったりする場合があります。なのでメモはなるべく詳細に残すようにしています。

仕事をしていて忘れられない思い出

まだまだ研修中で失敗ばかりですがその中でも忘れられない失敗は、製造部の研修中にハンディドリルを使っている時に、ドリルに軍手が巻き込まれた事です。幸い軍手が破れる程度で済みましたが、大きな事故に繋がりかねないことだったので再発防止を強く意識しました。しかもその時ドリルがずれて製造過程のケースを一つダメにしてしまったことも痛手でした。

ヤマコーに入ってみての印象は?

社員の皆さんの仲が良く和気藹々と仕事できる環境だと思います。もちろん、皆さん仲がいいだけでなく仕事もしっかりとこなしています。会社がある宇治田原が少し田舎でたまに不便を感じることがありますが、宇治田原もヤマコーもまだまだ成長途中なので、ここがいまいち…という点もいずれ改善されていくだろうとポジティブに考えています。

ヤマコーに入った理由は?

就活開始当初は新聞や出版業界などに行きたいとぼんやり考えていたのですが、失敗続きでした。5月に入ってから一旦就活を休止して今後の進路について考えるとともに、自分が本当にやりたい事、自分に合っている事は何なのかを真剣に考え始め(本当はそういったことは就活開始前に考えておかなければいけないのでしょうが、当時の私は就活に対してそれほど深刻に考えたくなかったのです。)、「どうせなら何か新しいことをしている会社で働きたい。」と就活の方向性を決めました。そこで、「インターネットを使った集客」で「プラスチックダンボール」を使った「オーダーメイド製造」という珍しい、新しいのオンパレードなヤマコーを見つけ会社説明会に参加したところ、やはり自分に合っていたのか内定をもらい、そのまま就職という流れでした。

あなたの仕事哲学を教えてください

・困った時こそ正直に。 変なウソをついてその場を取り繕っても後でバレれば信頼を失うだけですし、嘘がばれないように辻褄を合わせる作業のほうが面倒な場合がほとんどです。 ・本当に出来ないことははっきり出来ないと言う。「出来る」と約束したからにはやらなければいけません。 出来ると言ってできなかった場合、相手に多大な迷惑をかけることになります。出来ない場合には出来ない理由をしっかりと説明して別案を提案する事が誠意ある対応だと考えています。 ・失敗したことは隠さずにまずは謝る。 人間はどうしても失敗をします。その際には先ず誠心誠意謝る。そのうえで解決策を探すことが大事だと思います。

オフのすごし方は?

宇治田原で一人暮らしなので休日は掃除洗濯などの家事から始まります。趣味はアウトドアですが基本インドア派なので、家の中でゲームしたりインターネットしたりとゴロゴロしてることが多いです。大学時代の友人達が月に1回ぐらい泊まりで遊びに来るので、よくお酒を飲みながら夜遅くまでしゃべっています。

ヤマコーの中でこれだけはほかの人に負けないということは何ですか?

仕事の上での武器というか長所が挙げられれば良かったのですが、まだまだ新米なので自分の武器を探している最中です。子どもの頃から物知りになりたいと思っていたので、雑学無駄知識の類に関しては少し自信があります。もう一つ子どもの頃からの趣味で、怪談好きなので怪談のレパートリーにも自信ありです。

趣味

ゲーム、旅行

好きな音楽

平沢進、キリンジ

好きな食べ物

麺類

好きなスポーツ

登山

印象に残っている映画は?

ウォッチメン

好きなテレビ番組は?

特になし

未体験でこれからやってみたいことは?

リバーカヤック

出身地

兵庫県

営業課インタビュー

当社の営業スタイルは反響営業となります。お客様からの「困った」「欲しい」に対し、高い関心を持ち、お客様の課題を解決します。目標達成意欲が高い方を求めます。受注後は社内とお客様との調整業務を行うため、オープンで積極的なコミュニケーションを取れることが求められます。

詳しく見る

設計課インタビュー

受注物件の製図作成や新商品開発などを請け負います。 2D/3D CADを使用して、新部材やヤマコー独自のオリジナル製品の開発をします。 お客様の要望をただ形にするだけではなく、環境に配慮した素材選びから、実際の使用感などを具現化する構想力、設計力、アイデアが求められます。

詳しく見る

製造課インタビュー

プラスチックダンボール製品の加工を行います。 オーダーメイド商品を主流としているため、様々な加工作業と同時に機械設備のメンテナンスやパートタイマーの業務管理。生産効率を上げるにはどのような取り組みが必要なのかを身体と頭を駆使して答えを導き出せる方を募集します。

詳しく見る

企画課インタビュー

見込み客を見つけ顧客化し贔屓客に変えるための活動全般を担当します。物事を定量化して考え、仮説・実行・検証のサイクルで業務を進めることが求められます。会社の方向性を理解したうえでどのようにすれば集客できるか。中長期的ビジョンを描ける方、本質を見極め問題を構造化する能力のある方を募集します。

詳しく見る

調達課インタビュー

業務は受注物件の工程作成や作業進捗管理といった生産管理。 発注材料の手配、納期短縮コストダウン交渉をする購買業務が含まれます。また工賃表の作成や改訂などの担当も管理部の業務となります。ルールを徹底し、管理業務を更に強固にしてくださる方を募集します。

詳しく見る

総務課インタビュー

総務は会社の屋台骨というように、業務・人事労務・経理など、非常に広範囲の業務をこなすのも特徴の一つです。また他部署よりも経営層に接する機会が多く、どの部署よりも企業理念や方向性を理解して示していかねばなりません。業務能力の他に、横断的なコミュニケーション能力や強い信念を併せ持つ方を募集します。

詳しく見る

品質保証室インタビュー

ヤマコーで製造される製品群の品質を管理する部署です。 品質を均一に保ち、安定して供給するという事は簡単なことではありません。 ヤマコーでは独自の品質基準を設け、常に品質改善に取り組んでいます。

詳しく見る