INTERVIEW

NATSUJI

社員紹介 価格競争は避けられない、品質は向上すること、表裏一体ですすめる。

R.NATSUJI

営業課1996年入社

どんな学生生活でしたか?

昼は働いて(家の仕事)、夜は大学で学んだ(京都工芸繊維大学 夜間学部)

前職ではどのような仕事を経験されてきましたか

京都呉服用付属品(紙関係)製造販売(家業)、父が社長の片腕、営業も事務も、経理も、なんでもやってた。4~5人。製造もやっていた。納品配達もしてた。会社のつきあいなどもやってた。25歳とか26歳くらいから父に変わってやってた(会社同士の付き合いから社員旅行まで)。廃業してヤマコーにきた。人脈があって縁があった。

所属部署と貴方の役割は?

地域密着で包装資材の販売、紙ダンボール・プチプチ・クラウンパッケージへの外注・ラベル。外注先への窓口。 ヤマコーの紙ダンボール営業は最大10人だった。営業車も一人1台、そのときのやり方を引き継いでやっている。得意先の数は20%くらい減った。仲間取引がなくなった(直ユーザーばかり)。直ユーザーは小口が多い。新規開拓は飛び込み。新規開拓をする場合は紹介。ネットの問い合わせでもいい。プラダンの営業は反響営業が多いので、飛び込み営業なんかも継承していきたい。

仕事をする中で工夫していることは?

仕事量の70%を午前中に処理すること。お客様も午後から出荷されることがほとんどなので、なるべく午前中や早い時間に配達を終わらせておきたい(入荷体勢・出荷体勢がある)。価格競争は避けられない、品質は向上すること、表裏一体ですすめる。紙ダンボールは品質はあまり問われないことが多かったが今は求められるようになった。

仕事をしていて忘れられない思い出

ホテルグランヴィア京都の食事券を会社から家族分いただいて、家族で食事させていただいたこと

ヤマコーに入った理由は?

前職と同じ、紙製品を扱っていたので。家も近かった(前の会社も向島で、向島工場時代に就職した)。

オフのすごし方は?

家族サービス・スーパーマーケット・海など、あちこちつれていく。

営業課インタビュー

当社の営業スタイルは反響営業となります。お客様からの「困った」「欲しい」に対し、高い関心を持ち、お客様の課題を解決します。目標達成意欲が高い方を求めます。受注後は社内とお客様との調整業務を行うため、オープンで積極的なコミュニケーションを取れることが求められます。

詳しく見る

設計課インタビュー

受注物件の製図作成や新商品開発などを請け負います。 2D/3D CADを使用して、新部材やヤマコー独自のオリジナル製品の開発をします。 お客様の要望をただ形にするだけではなく、環境に配慮した素材選びから、実際の使用感などを具現化する構想力、設計力、アイデアが求められます。

詳しく見る

製造課インタビュー

プラスチックダンボール製品の加工を行います。 オーダーメイド商品を主流としているため、様々な加工作業と同時に機械設備のメンテナンスやパートタイマーの業務管理。生産効率を上げるにはどのような取り組みが必要なのかを身体と頭を駆使して答えを導き出せる方を募集します。

詳しく見る

企画課インタビュー

見込み客を見つけ顧客化し贔屓客に変えるための活動全般を担当します。物事を定量化して考え、仮説・実行・検証のサイクルで業務を進めることが求められます。会社の方向性を理解したうえでどのようにすれば集客できるか。中長期的ビジョンを描ける方、本質を見極め問題を構造化する能力のある方を募集します。

詳しく見る

調達課インタビュー

業務は受注物件の工程作成や作業進捗管理といった生産管理。 発注材料の手配、納期短縮コストダウン交渉をする購買業務が含まれます。また工賃表の作成や改訂などの担当も管理部の業務となります。ルールを徹底し、管理業務を更に強固にしてくださる方を募集します。

詳しく見る

総務課インタビュー

総務は会社の屋台骨というように、業務・人事労務・経理など、非常に広範囲の業務をこなすのも特徴の一つです。また他部署よりも経営層に接する機会が多く、どの部署よりも企業理念や方向性を理解して示していかねばなりません。業務能力の他に、横断的なコミュニケーション能力や強い信念を併せ持つ方を募集します。

詳しく見る

品質保証室インタビュー

ヤマコーで製造される製品群の品質を管理する部署です。 品質を均一に保ち、安定して供給するという事は簡単なことではありません。 ヤマコーでは独自の品質基準を設け、常に品質改善に取り組んでいます。

詳しく見る