INTERVIEW

TSUKAZAKI

社員紹介 自分の関わる仕事がプラダンを大きく広げるキッカケなればという思いを抱き入社しました。

T.TSUKASAKI

製造課 係長2011年入社

どんな学生生活でしたか?

自分が学びたいことを学び、それが良しと非常に都合の良い考えの中、ひたすらに好きなことを好きな時に好きなだけして過ごしていました。 それが変わらず今でも続いているから困ったもんです。

所属部署と貴方の役割は?

カットマシンを用い主に厚みのあるシートカット、密度が高く硬い資材のミーリング加工、そしてその後の工程となる組立、緩衝材加工、仕上げ工程を一貫して任されています。

仕事をしていて忘れられない思い出

納期が近く製造に時間を掛けることのできない仕事をみんなで朝までかけて一生懸命に納期に間に合わせたことが何度かあります。辛かったが今となれば良い思い出になっています。

ヤマコーに入ってみての印象は?

入社後、希望通り製造部に配属され最初に感じたことは人間関係がとてもフラットということです。先輩、後輩が気楽に会話しお互いの主張を尊重し合っていたのが印象的です。またそこに誰が甘んじること無く規律が守られている職場です。

ヤマコーに入った理由は?

何かを作ることが好きでそれを続けて行きたいと思っていたので、今はニッチ市場であるプラダンかもしれないが今後大きく伸びる業界なのではないかと将来に可能性を感じ、自分の関わる仕事がプラダンを大きく広げるキッカケなればという思いを抱き入社しました。

オフのすごし方は?

全身全霊をかけてノーコメント。

ヤマコーの中でこれだけはほかの人に負けないということは何ですか?

良し悪しは別として感情的、衝動的なところ。 新たなことを身に付ける上で自ら考え自ら行動し圧倒的な体感を重視し答えを見出すということ。

趣味

読書

好きな音楽

クラシック

好きな食べ物

フランス料理

好きなスポーツ

乗馬

営業課インタビュー

当社の営業スタイルは反響営業となります。お客様からの「困った」「欲しい」に対し、高い関心を持ち、お客様の課題を解決します。目標達成意欲が高い方を求めます。受注後は社内とお客様との調整業務を行うため、オープンで積極的なコミュニケーションを取れることが求められます。

詳しく見る

設計課インタビュー

受注物件の製図作成や新商品開発などを請け負います。 2D/3D CADを使用して、新部材やヤマコー独自のオリジナル製品の開発をします。 お客様の要望をただ形にするだけではなく、環境に配慮した素材選びから、実際の使用感などを具現化する構想力、設計力、アイデアが求められます。

詳しく見る

製造課インタビュー

プラスチックダンボール製品の加工を行います。 オーダーメイド商品を主流としているため、様々な加工作業と同時に機械設備のメンテナンスやパートタイマーの業務管理。生産効率を上げるにはどのような取り組みが必要なのかを身体と頭を駆使して答えを導き出せる方を募集します。

詳しく見る

企画課インタビュー

見込み客を見つけ顧客化し贔屓客に変えるための活動全般を担当します。物事を定量化して考え、仮説・実行・検証のサイクルで業務を進めることが求められます。会社の方向性を理解したうえでどのようにすれば集客できるか。中長期的ビジョンを描ける方、本質を見極め問題を構造化する能力のある方を募集します。

詳しく見る

調達課インタビュー

業務は受注物件の工程作成や作業進捗管理といった生産管理。 発注材料の手配、納期短縮コストダウン交渉をする購買業務が含まれます。また工賃表の作成や改訂などの担当も管理部の業務となります。ルールを徹底し、管理業務を更に強固にしてくださる方を募集します。

詳しく見る

総務課インタビュー

総務は会社の屋台骨というように、業務・人事労務・経理など、非常に広範囲の業務をこなすのも特徴の一つです。また他部署よりも経営層に接する機会が多く、どの部署よりも企業理念や方向性を理解して示していかねばなりません。業務能力の他に、横断的なコミュニケーション能力や強い信念を併せ持つ方を募集します。

詳しく見る

品質保証室インタビュー

ヤマコーで製造される製品群の品質を管理する部署です。 品質を均一に保ち、安定して供給するという事は簡単なことではありません。 ヤマコーでは独自の品質基準を設け、常に品質改善に取り組んでいます。

詳しく見る