INTERVIEW

MURAOKA

社員紹介 諦めないことが大きな自信につながりました。

K.MURAOKA

製造課2000年入社

どんな学生生活でしたか?

僕の出身校は、一日8時間の労働に耐えられる精神力・体力を体得する職業訓練学校です。 中学時代から続けていた水泳部もあり迷うことなく入部。練習を積み重ね、全国大会へ出場することができました。あの日の目標達成感は、今でも鮮明によみがえってきます。諦めないことが大きな自信につながりました。

所属部署と貴方の役割は?

製造部所属で、CMでは抜き加工、グルアーではA式ケースに糊付けをしていく仕事を担当しています。 組立生産が多忙の際は、応援に入ったりもしています。

仕事をする中で工夫していることは?

効率よく無駄を省き、段どりよく進めることを第一前提に、いろいろな治具を使いながらうまく仕事を進めるようにしています。 効率よく進めるということは、時間意識を持ち、声を掛け合いながらチームプレーをするということ。そうすれば、会社はもっと大きく変わっていくと思います。

仕事をしていて忘れられない思い出

失敗や怒られたこと、困ったこと、そして辞めることばかり考えていたこと。 その当時は余裕なく、自分のことで精一杯でした。 誕生日にメッセージを添えていただく社長からのプレゼントには、毎回感謝しています。 励みにもなり、あきらめないで努力していかなければならないことを改めて感じさせられます。

ヤマコーに入った理由は?

高校3年生の秋に、ヤマコーで体験実習をさせていただきました。 一日8時間労働の厳しさを初めて体で感じ、同時に僕たち3人妹弟を育てるために一日中働いている母の苦労を思い知らされました。 当時はまだ仕事の内容を深く理解するに至ることなく、母を助けたい一心で入社しました。

あなたの仕事哲学を教えてください

買い物、ドライブは大好きです。

ヤマコーの中でこれだけはほかの人に負けないということは何ですか?

仕事上では、努力を惜しまない・コツコツ頑張る。これ以上のことは思い浮かびません。 母は僕たち3妹弟に「あなたたちはいつも笑っていてね。まわりの人も元気になるだけでなく、お母さんも頑張れるから」と、口癖のように言っていました。これを肝に銘じて、どの人に対しても笑顔で接するように心がけています。

趣味

ドライブ

好きな音楽

西野カナ

好きな食べ物

カレー

好きなスポーツ

水泳

営業課インタビュー

当社の営業スタイルは反響営業となります。お客様からの「困った」「欲しい」に対し、高い関心を持ち、お客様の課題を解決します。目標達成意欲が高い方を求めます。受注後は社内とお客様との調整業務を行うため、オープンで積極的なコミュニケーションを取れることが求められます。

詳しく見る

設計課インタビュー

受注物件の製図作成や新商品開発などを請け負います。 2D/3D CADを使用して、新部材やヤマコー独自のオリジナル製品の開発をします。 お客様の要望をただ形にするだけではなく、環境に配慮した素材選びから、実際の使用感などを具現化する構想力、設計力、アイデアが求められます。

詳しく見る

製造課インタビュー

プラスチックダンボール製品の加工を行います。 オーダーメイド商品を主流としているため、様々な加工作業と同時に機械設備のメンテナンスやパートタイマーの業務管理。生産効率を上げるにはどのような取り組みが必要なのかを身体と頭を駆使して答えを導き出せる方を募集します。

詳しく見る

企画課インタビュー

見込み客を見つけ顧客化し贔屓客に変えるための活動全般を担当します。物事を定量化して考え、仮説・実行・検証のサイクルで業務を進めることが求められます。会社の方向性を理解したうえでどのようにすれば集客できるか。中長期的ビジョンを描ける方、本質を見極め問題を構造化する能力のある方を募集します。

詳しく見る

調達課インタビュー

業務は受注物件の工程作成や作業進捗管理といった生産管理。 発注材料の手配、納期短縮コストダウン交渉をする購買業務が含まれます。また工賃表の作成や改訂などの担当も管理部の業務となります。ルールを徹底し、管理業務を更に強固にしてくださる方を募集します。

詳しく見る

総務課インタビュー

総務は会社の屋台骨というように、業務・人事労務・経理など、非常に広範囲の業務をこなすのも特徴の一つです。また他部署よりも経営層に接する機会が多く、どの部署よりも企業理念や方向性を理解して示していかねばなりません。業務能力の他に、横断的なコミュニケーション能力や強い信念を併せ持つ方を募集します。

詳しく見る

品質保証室インタビュー

ヤマコーで製造される製品群の品質を管理する部署です。 品質を均一に保ち、安定して供給するという事は簡単なことではありません。 ヤマコーでは独自の品質基準を設け、常に品質改善に取り組んでいます。

詳しく見る