INTERVIEW

HAYASHI

社員紹介 辛いことや悩むこともあったけど、辛抱してここまでやってきてよかったと思います。

K.HAYASHI

製造課1988年入社

どんな学生生活でしたか?

普通の学生生活を毎日送っていました。 生徒会長とクラスを引っ張るリーダーをしていました。 クラブはバスケット部キャプテンを2年間していました。

所属部署と貴方の役割は?

主に梱包作業をしています。出荷する商品を梱包するための段ボールケースを製造したり、箱詰め・検品などをしています。入社してからは23年間紙段ボールの製造をしていました

仕事をする中で工夫していることは?

梱包はさまざまな梱包のやり方があります。シートカットをしてあるのはダンボールシートで包み、 できあがっているプラダンケースは角にダンボールをあててプチプチで包んだり、透明のテープで固定してしっかり止める、など。 プラダンケースをダンボールケースに詰める作業もあります。 看板や大きいプラダンケースはプチプチやストレッチフィルムで巻いたりします。

仕事をしていて忘れられない思い出

長い事ダンボールに関わってきていますが、最初は毎日工場長に怒られたりしていました。 印刷の色を間違えたり、切り込みがずれたりしたこともあります。 辞めたいと思ったり、辛いことや悩むこともあったけど、辛抱してここまでやってきてよかったと思います。

ヤマコーに入った理由は?

自分に合っている、と思ったので。

あなたの仕事哲学を教えてください

やる気・元気・忍耐・努力・根性。

オフのすごし方は?

4月~10月はバス釣り・年間を通じて海釣り・家で映画鑑賞・ゲーム(プレステ3・PSP・DS)。

ヤマコーの中でこれだけはほかの人に負けないということは何ですか?

人への思いやりと、話を聞いてあげる気持ちです。

趣味

釣り

好きな音楽

色々

好きな食べ物

どんぶりもの

好きなスポーツ

営業課インタビュー

当社の営業スタイルは反響営業となります。お客様からの「困った」「欲しい」に対し、高い関心を持ち、お客様の課題を解決します。目標達成意欲が高い方を求めます。受注後は社内とお客様との調整業務を行うため、オープンで積極的なコミュニケーションを取れることが求められます。

詳しく見る

設計課インタビュー

受注物件の製図作成や新商品開発などを請け負います。 2D/3D CADを使用して、新部材やヤマコー独自のオリジナル製品の開発をします。 お客様の要望をただ形にするだけではなく、環境に配慮した素材選びから、実際の使用感などを具現化する構想力、設計力、アイデアが求められます。

詳しく見る

製造課インタビュー

プラスチックダンボール製品の加工を行います。 オーダーメイド商品を主流としているため、様々な加工作業と同時に機械設備のメンテナンスやパートタイマーの業務管理。生産効率を上げるにはどのような取り組みが必要なのかを身体と頭を駆使して答えを導き出せる方を募集します。

詳しく見る

企画課インタビュー

見込み客を見つけ顧客化し贔屓客に変えるための活動全般を担当します。物事を定量化して考え、仮説・実行・検証のサイクルで業務を進めることが求められます。会社の方向性を理解したうえでどのようにすれば集客できるか。中長期的ビジョンを描ける方、本質を見極め問題を構造化する能力のある方を募集します。

詳しく見る

調達課インタビュー

業務は受注物件の工程作成や作業進捗管理といった生産管理。 発注材料の手配、納期短縮コストダウン交渉をする購買業務が含まれます。また工賃表の作成や改訂などの担当も管理部の業務となります。ルールを徹底し、管理業務を更に強固にしてくださる方を募集します。

詳しく見る

総務課インタビュー

総務は会社の屋台骨というように、業務・人事労務・経理など、非常に広範囲の業務をこなすのも特徴の一つです。また他部署よりも経営層に接する機会が多く、どの部署よりも企業理念や方向性を理解して示していかねばなりません。業務能力の他に、横断的なコミュニケーション能力や強い信念を併せ持つ方を募集します。

詳しく見る

品質保証室インタビュー

ヤマコーで製造される製品群の品質を管理する部署です。 品質を均一に保ち、安定して供給するという事は簡単なことではありません。 ヤマコーでは独自の品質基準を設け、常に品質改善に取り組んでいます。

詳しく見る